また行きました −濁流の球磨川とお弁当

  • 2011/06/30(木) 19:47:36

いさぶろう・しんぺい号は、吉松−人吉間を結びます

人吉に着いたら、つぎは九州横断特急に乗るべくホーム移動〜 忘れずにお弁当も買わなくちゃね
もうお昼の時間をとっくに過ぎているけど、食べるところもなし、駅弁にしようと思ってました




人吉駅の駅弁売りのおじさん
前回もこのおじさんから買いました 栗弁当美味しかった♪

九州新幹線開通の記念弁当があったので
 「このお弁当は何が入ってるんですか?」 と聞くと
 「これはねー ○○と××と・・・ ごちそうがいっぱい入ってるんです」 と言われた

ごちそうとは、”それなりのおかず”のことを指しているらしい
母は
 「じゃ、今日の晩御飯にこれと栗弁当、もうひとつ買うわ」
駅弁売りのおじさんが決して推奨しないだろう時間帯を言ってました・・・



九州横断特急
今回は月曜だから空いてます しかも前日の天気がね

席に座って人心地
すぐに検札のお姉さんが回ってきました

 「昨日はこの列車も運休だったんですよ〜」 とのこと
ほんとこの日は動いてよかったわ



 「ふだんの球磨川は、鮎の住む清流でとてもきれいなんですよ〜」
 「アユ・・・ いない感じですね・・・ 」
 「(今日は) いそうにないですねぇ〜」

よーく見ていると、えらく高い位置に草が絡まっていたりして、そこまで水位が上がったことが分かりました
私は 「鮎の住む清流・球磨川」 をよく見たことあるからいいけど、母には残念ね

これでホタルに続き、この旅行で残念なこと2つめ



高崎名物だるま弁当をつい思い出してしまう、この栗弁当の弁当箱
懐かしい感じです

母と2人で栗弁当をわけつつ、列車は熊本をひた走って市内へ・・・


次はシリーズ最終回の 熊本城! へ行きますよ

また行きました −この日は動いた肥薩線!

  • 2011/06/28(火) 22:27:18

たった1泊2日の鹿児島旅行を長々と引っ張るシリーズです
たのしく温泉宿を後にした秋カボチャとその母、のんびりと地元バスで霧島温泉駅へ

 「さぁ 着いた 相変わらずガラガラね」



よく見てね 駅舎のポスターです
(ちなみにこの駅、駅員さんいないです・・・ そして券売機もない)



可愛い〜♪ なんていいところに巣を作ってるんでしょう 笑

この駅はね、トイレだけは新しくて立派なのよね



肥薩線のローカル列車に乗ろうと思ってたけど、ちょうど はやとの風 がきたので乗っちゃいました
母もいたしね



吉松駅まで

吉松から人吉までは、いさぶろう・しんぺい号の指定席をとっていたので、乗車時間までしばし散策
前日あれほど降ったので超心配になったけど、運行はだいじょぶだったー

強運、強運



吉松駅にあるSL 力強い真っ黒さ
ここでプリン買っちゃいました

スローな母と娘の旅
次は熊本県へ向かいます!!

また行きました −霧島国際ホテルにて、硫黄泉を楽しむ

  • 2011/06/27(月) 23:15:16

あの6月12日、奇跡的にぶじやるべきことをやって鹿児島市内を後にした秋カボチャとその母、お宿の霧島国際ホテルにやってきました!

お得意様ご優待 というハガキを送ってくれたので、母を連れて行ったんですけどね
私と同い年という普通の大型ホテルで、霧島はここと、いわさきホテルしか行ったことないですな


ハガキの予約先番号に電話し、 「あのー、なんどかお邪魔したものなんですけど・・・」 と恩着せがましく切り出すと、愛想のよいおじさんに  「それはありがとうございます」 と挨拶される

 「ハガキをいただきまして、またお邪魔しようかなと思って・・・ ところでこの8800円の優待価格と、ゴージャスプラン13800円の違いは何ですか?」
 「あー、それはですね・・・ (違いについてとても詳しく説明) ・・・ ということなんですよ」
 「なるほどー うーん・・・ どうしようかなぁ うーん・・・ (しばし唸って悩む)
 「ほとんどの方はね、8800円のほうになさいますけど、皆さん満足して帰られますよ
 (電話をいいことに声を殺して爆笑  うー、なんて商売気のない、いいおじさんだ!)
「そ、そこまでおっしゃるなら8800円のほうにします! また機会があった時にいいお部屋にとまるということで・・・」
 「はい、かしこまりましたー」




大好きな湯けむり
硫黄がまたいいのよね

たしかに強運だったけど、残念なこと一つ・・・ 期間限定でホタルバスをだしてくれててホテルから見に行けたんだけど、この日は雨脚強く中止
いつか見たい



ここのホテルは父もイチゴも連れて行ったことがあって、母も連れて行ったので、結構みんなと行きました

温泉はひろびろ、しかもこの日は空いていて、母とおしゃべりしながらたっぷり入りました 
オットと行ってもお風呂は別だし、誰かとおしゃべりしてゆっくり・・・ なんてことなかったもんなぁ
いろいろ楽しんで、母はミスト風呂 (低温サウナ) と歩行湯が気に入ったようです お湯がいいので、どれ入っても満足ですけど〜



母には
 「鹿児島名物の豚のしゃぶしゃぶと、きびなごの刺身がでる・・・ と思うよ」 と言っておいたのが当たり

さつま揚げも出たし、朝のバイキングは (何度も行くのでよく知ってるけど) それなりに地元のものを出してくれて楽しい
母と 「都会にはない食材がいっぱいあって、鹿児島は豊かだね」 と感想を述べ合いました♪
母は私よりガッツリ食べてて、見てるこっちが驚いたくらい
(150センチと、体は私よりだいぶ小さいんですがね)


晩御飯の前、ご飯のあと寝る前、朝起きてから、の温泉宿お約束ルールに従って3回お風呂に入り、堪能しました!


次回へ続く!

また行きました −くろいわでラーメン、蒸気屋でお土産ゲット

  • 2011/06/23(木) 21:34:05

今週末、宮城県東松島市にボランティア活動をしにいくことになりました
会社でバスを出してくれ、30人のグループで現地入りします
また帰ってきたら記事にしますね 



さて鹿児島です

あの6月12日
なのに、奇跡的に傘なし観光を仙巌園で楽しんだ母と娘、空腹を抱えて天文館までバス移動

まず 蒸気屋さん (<クリック) に母を連れて行ってお土産をゲットしてもらい、すぐ近くの くろいわ (<クリック) でラーメンのランチ

鹿児島もいろんなラーメン屋さんがあって、みなそれぞれお気に入りのお店があるようですけど、うちはくろいわ贔屓なのよね
母も 「とんこつなのにさっぱり もやしが細くて美味しい」 と満足していたようで、ぺロっと平らげてました・・・


さて鹿児島中央駅へもどってホテルへのバスに乗ろうかね・・・


どびゃー ジャージャー
  降ってきたぁ〜



駅前から空港を経由して、霧島のいわさきホテルまでいくバスがあるんです (1350円)
しかし雨すごいね
ここのバス停は透明な壁もあるから、まだ雨遮ってくれてるけど、でも隙間から降りこんでくる

しかも・・・



どんな酔っ払いでも寝ころぶことは絶対に不可能な、このバス停のベンチ
タイトルは 「長居することを拒否する椅子」 (命名:あたし)


やっとバスが来たので乗り込んだら、我が家貸切
空港へ向かいながら、英語ききつつ、つい寝ちゃいました

途中で運転手さんが、「トイレはよろしいですか?」と聞いてくれる
空港までは高速だから、途中にトイレがあるのかな


そして空港に着くころにはさらに土砂降り (-_-;)
我が家貸切のまま、霧島温泉郷の丸尾バス停に到着して下車
ここはちょっとした売店と、温泉たまごがある・・・ オヤ? 今日はないの?? がっかり 明日出直そう

結果からいいますと、この旅行で傘を使ったのは、熊本駅前バス停から熊本駅(1分)、丸尾バス停から霧島国際ホテル(3分)でした
 「日ごろの行いがいいからね♪」


次回へ続く!

また行きました −島津のお屋敷、仙巌園

  • 2011/06/22(水) 22:26:42

ゆるりと6月は沢山記事書こうと思ったんだけど、人生いろいろ起きます
オットの伯母が他界し、土曜から怒涛のような日々でした・・・

それはさておき
母を連れて鹿児島温泉紀行、2回目は、土砂降り豪雨でのきなみ機能がマヒしていた6月12日、強運を発揮して傘要らずで訪れた磯庭園、仙巌園の巻!


鹿児島といえば、島津家
やり手で抜け目なかったと言われる島津の殿様(斉彬)が作った近代文明らしいものも同園内にあります

鹿児島中央駅からバスで15分ちょいです



トイレ入ったら、洗面台がこうなっていたけど
”修理中” ってなんもしてないじゃないですか・・・?
故障 もしくは 使用不可 でどうでしょう



初鹿児島らしき母には申し訳ないけど、まあまあ桜島見えるじゃない?
土砂降りじゃないんだから、運の良さに感謝すべきレベルねっ



苔むしていて美しい
日本人で良かったと自覚を新たにする瞬間 
天災が多くても、私は日本がいいです

御殿もあって、時間はあまりなかったけど、せっかく母と来たので入りました
なかなか見ごたえがあって、入ってよかったね、と感想を述べ合う母と娘

お庭の借景も素敵でした〜♪
20分ごとに御殿説明ツアー出るんですけど、ちょっと冗談なんかも織り交ぜて、着物姿のおばさまが丁寧に説明してくれます

終わったら抹茶とお菓子も出るんですよ



なんせ豪雨の日なので、園内もガラッガラです 運がいいというかなんというか



観光をたっぷり楽しんだら、まだ雨も降ってこないんだけど、急いで市内へ戻ります!
だってお昼まだだもん!!

次回へ続く

2010 かごしま・くまもと 湯めぐりの旅 1

  • 2010/12/26(日) 22:35:43

また、

また!


鹿児島、熊本へ行ってきました!
 (2ヶ月ブリ)



10月に行ったんですけどねえ
 「サムい冬に霧島のいつものホテルの温泉に入りたい!」
 「入りたい!」

ということで、義父母連れで行ってまいりました ・・・ 


6時50分の羽田発で鹿児島へ
レンタカーを借りて、一路南下 鹿屋方面へ

かのやバラ園に行きました
12月でもまだまだキレイに咲いてるんですよ (300円)
いいお天気で この日だけ やけに暖かかったな




・・・ という  花博が来春開かれるそうですが、このキャラなに??
微妙な感じ
可愛いというか可愛くないというか



きれいねぇ〜♪

12月23日、とりあえずガラガラだった、かのやバラ園
ちょっとゆっくりお散歩して、バラの香りを嗅いで帰ってきました

さっ、次はお目当てのあそこですよ



おっと、その前に ・・・ 道の駅たるみず にてパチリ☆

足湯やろうと思ったんだけど、手を入れてみたらぬるめで断念
この日も活火山はドドーンと豪快に灰を吹いてて、フロントグラスが灰でドロドロに 

洗濯物とか、外には干せないね



この日のお目当て、坂本醸造株式会社 黒酢工場・壷畑 へ

ここのレストランでランチする! と決めてたんですの
10月に行きたかったんだけど時間がなくて、持ち越してるうちに bigumaroさん に先を越されました

知識がなかったので、先日までこの会社だけかと思っていたのだけど、実はこの 霧島市福山町 にはいくつもの黒酢工場があるんです



ぐふふ〜 

前日に公式HPでメニューチェック (ふっふっふ)
ここ数年ハマっているスーラーは食べようと思ってました
結局、飲茶セット? だかにしました

スーラーも入っててお得そうだったからね

行くまでは、
 「いわゆる、客寄せのレストランでしょ?」 
と思っていたので特別味は期待してませんでした (ごめんなさい)
だけどここは美味しい! お勧めです



お宿はいつもの 霧島国際ホテル
黒豚しゃぶしゃぶプランにしましたよ

肉がね、厚いの
例えると、東京で出てくる肉が叩いて伸ばしに伸ばしまくった金箔ならば、鹿児島のコレは金の延べ板みたいに厚い!

 「ステキな例えでしょ?」

ということで2日目に続きます




 「この旅行でお風呂に入った回数 分かる人?」

bigumaroさんと会いました イン・鹿児島! の2

  • 2010/10/19(火) 22:23:54

bigumaroさんご一家と行く、桜島の旅その2です


今回の旅行のメインは Enjoy肥薩線
八代〜人吉〜吉松〜隼人まで 隼人から鹿児島中央駅は日豊本線

八代のすぐ近くに、日奈久という温泉地がありまして(熊本県)
日奈久は竹輪の名産地でもあるんです せっかく泊まるので、と竹輪を買い、みんなで食べながら、かわいいビーグルたちにも与えてみました



案の定、ビグオ兄ちゃん&マロたんもたべました イチゴだけじゃなかったのね
アタシなんか、欲しがるマロたんに指噛まれました とほほ・・・

喜んでもらえて嬉しいです (ちくわ買ったのはオットですが)



残念ながら焼き芋はなかったドライブインで見上げてみると、アラ? 噴火してる??

あっというまに灰色の煙
家に帰っておフロで髪を二度洗い・・・ ギシギシして一度では泡立たず! 鹿児島に暮らす人々の苦労の一端を垣間見た気がしました



ちょこっと大隅半島に入って垂水から違うフェリーに乗りました
桜島フェリーは15分おきに、15分掛けて対岸へ行くんだけど、こっちのフェリーは1時間に2本くらい 40分掛けて鴨池港へ行くんです



bigumaroさんご一家&ワンコたち
なかなか全員で撮れる機会もないよね



今回、はるちゃんにお土産を持っていこう! と (懐柔作戦とも言う) 思い立ち、新宿タカシマヤで木のおもちゃを物色 いいのが手に入りました
お店でリボンつきにラッピングしてもらい、しわや破れのないように注意して慎重に鹿児島まで持って行きました

それを手に取ったはるちゃん
思い切り ビリビリッ! バリバリッ!! と景気よく破って開けてくれて(笑) 包んでくれた人も店員冥利に尽きると思います



はるちゃんとbigumaroさんが齧ってた 東京神田 ねぎみそせんべい を物欲しげに見ていた兄ちゃん
やっぱビーグルは万国共通だね



ということで bigumaroさんたちとの楽しい日は終わりました
次はいつ会えるかな〜?

みなさんお世話になりました!

bigumaroさんと会いました イン・鹿児島! の1

  • 2010/10/18(月) 23:10:09

来週日曜から英語スクールの秋期が始まるので、その前に・・・ということで熊本〜鹿児島を突っ走る 肥薩線 に乗って楽しんできました 観光向けのSL人吉にも乗ったんですよ♪


その話は別ブログでするとして、鹿児島といえばこの方 bigumaroさんとそのご一家 と会って&遊んできました!
(詳しくはbigumaroさんのブログ びーまりょ を脇のリンクからどうぞ)



旅行最終日、鹿児島市の繁華街、天文館付近で待ち合わせ
横断歩道の向こうにビーグルが!



この子たちがいつもカワイイんですよ〜 私のことちゃんと覚えてて、笑顔でダッシュ&チューしてくれます

このあと Uncle Charlie さん前で、ご主人&愛娘はるちゃんと再会しました
Tシャツも買っちゃいました♪



今日は向かうは桜島 みんなでフェリーに乗ってしゅっぱーつ!



ビグオ兄ちゃんとマロたんは、大好きなおかぁちゃんがはるちゃんを連れて降りてった階段に釘付け (かなり甘えん坊ですな)

私がむかーし差し上げたバンダナをちゃんと着けて来てくれてます
兄ちゃんもとっても元気そうにしてたので安心しました



かわいいでしょ
この子達と会うと 「ちいさいわぁ」 と思うんですが、それが単なる錯覚に過ぎないことくらいはちゃんと知ってます・・・
(イチゴがガリバーなんですね)



この日も桜島は雄大でした!
お天気もスバラシイ



ランチを食べた後はちょっとお散歩して、みんなで足湯に入りました
結構気持ちよかったわ・・・・

前回 (昨年12月) は、はるちゃんが人見知りの時期だったとかで、えらく不審そうにジーッと見られて少なからずショック受けてたんですが、だいぶ成長して笑顔であれこれ自慢してくれました

いろいろお話もできて 「かぁちゃん、かばん持ってきて」 とか 「パパ、(くるま)ストップ」 とすでに仕切りが出来てるあたり、将来が楽しみです

しかし、なんで 「かあちゃん」 と 「パパ」 なんだろ??



マロたん、足湯興味あるのかな?



水産学部? に学んだというbigumaroさん、自然児丸出しでカニを見つけて、しばし子供に変身

ワンコたちもお供です



湯の平展望台からの眺めは格別
ほんといいお天気ですねえ (ええ、私の日々の行いがいいもんですから ホホホ)


さて bigumaroさんとの旅、その2へ続きます!

鹿児島にスヌタウンができまして

  • 2010/05/27(木) 20:58:42

という記事をスヌーピーメルマガで読んだので、慌ててbigumaroさんにメールしました

そうしたら
 「明日行くんです」 という返事が返ってきました そりゃそうだよねー 一大事だよね

そしてbigumaroさんが送ってくれたのが ↓ コチラです



ご当地デザイン 
指宿の砂蒸し風呂、そして名物:しろくま (山盛りのかき氷で、フルーツで顔を描いてある) にしたみたい

しろくま美味しいよね〜 ナツにとってもいいオヤツです




そして我が家のビーグルですが、オヂチャンが帰ってきて、抱っこしてくれました 一緒にお布団にも・・・

 「ヒッヒッヒ 妻の座ももらったわ」



涼しいいまだからこそ、できる甘え方です




今日は珍しくオットが先に帰ってて、私が帰っても、イチゴ降りてこない
なんと2階でダッコしてもらってました 

ダイスキな鹿児島で、極上の霧島温泉につかる!

  • 2009/12/09(水) 22:13:14

さて
今回は、霧島温泉の大宣伝部長 に自らを任命いたします


初めて霧島温泉に行ったのは、2006年4月のことでした
まだbigumaroさんに直接会う前の時代のことです (このブログもやってなかった)

そしてここから、うちの 「霧島通い」 そして 「温泉めぐり」 が始まったのです
それだけ 強烈なお湯のよさ に打たれた我が家なのでした
自分が 硫黄泉好き と言うのにも気付いたしね



それ以後4回くらい訪れているけれど、うちはいつも 霧島国際ホテル に泊まってます (笑)
大型温泉ホテルで建物はちょっと古いけれど、気に入ってるのでいつもここなんです

こうやって湯けむりを堪能できます
日によっては 風向きなのか 「硫黄くさー」 と思うときがあったりして




今回は 鹿児島黒豚のしゃぶしゃぶとミニ懐石 南向き10畳和室 というプランにしました
10500円ですよ! 10500円!!


それはさておき
チェックインして着替えたうちのオッサン、疲れたとか言ってグーグー寝てる

疲れたってねえ・・・ 今回もプランニングはすべて私だし、車の運転もしてないし、特に疲れることはないと思いますけど

このあとおフロに入りに行きました




ミニ懐石というので、ここに並んでるのとご飯+サツマ汁で終わりかと思ったら、岩魚の塩焼き等、まだ食べきれないほど出てきました




コレがメインの黒豚しゃぶしゃぶ〜
写真だと大して量ないみたいに見えるけど、厚みが違うんです
東京のケチな薄っぺらい、風が吹いたら舞い上がるような肉と違う

10500円で大丈夫ですか?
 というくらいたっぷり楽しめました




3階テラスにはこんな飾りつけも クリスマスだね

この日は個人客よりも、はるかに団体客 (クラス会だか、社員旅行かしらないけど、スゴい オバチャン&オッサン の数) が多かったのでおフロは賑やかでした

彼らも 「いいお湯だねー!」 と褒めてました




翌朝は9時過ぎにチェックアウトして、空港へバスで向かいました
短い時間だけど楽しかったぁ 期待を裏切らない鹿児島です


これは空港のクリスマスツリー



鹿児島ぁ、また行くぞう!!

HOME |