★チュニジアお土産★ 大抽選大会ッ!

  • 2008/01/31(木) 21:39:09

お待たせしましたん♪

チュニジア教室はまだ終わっていない
けれど、大抽選大会を開催しま〜す

ナイナイ尽くしのチュニジア
お土産といえば?
 トカゲやサソリのキーチェーン
 砂埃にまみれたラクダの人形
 色褪せたカーペット

などなど、こんなもんとてもじゃないけど買えん! というものばかり

ということで、応募者全員には(たぶん)行き渡らないけれど勘弁してね
応募者が4人しかいなかったら、洩れなく当たっちゃうかもね


【応募ルール】

競争入札制

欲しいグッズ名を「ヒミツコメント」に入れて

1人しか入札のなかったものは、必然的にその方にプレゼント
応募者多数の商品は、何か抽選方法を考えます



★エントリーナンバー1★
 


大塩湖、ショット・エル・ジョリドから取れたと思しきお塩のパック(結構入ってます)

★エントリーナンバー2★


ラクダ砂絵の瓶

★エントリーナンバー3★


フレグランス1本

★エントリーナンバー4★


小物入れ赤か黒のいずれか


肝心の応募期限は 2月3日(日曜)節分の日!


 アナタの応募を待つ!

明るみになった真実

  • 2008/01/30(水) 19:47:11

昨日は例の英語学校で回答できませんでした

で、正解はね・・・ちょっと簡単すぎたかしら
お鼻に私の小指がズッポリ
 突っ込んでしまったのさ

 飼い主の風上にもおけないわね
 じゃあ同居人になります
 フン・・・





幸い前日かなりつめを短くしていたので、出血の大惨事はまぬがれました

ヘンな感触に襲われた瞬間、
 キャン!!
 (えっ、ひょっとして目に入ったかも??)

慌てて電気をつけると、きょとんとした顔でイッチーはシッポをプリプリしていました
まあね、落ち着いて考えたら、小指の第一関節がスルッと入る目だったらコワ過ぎますわ、それこそホラー

 党首が無傷でよかったです
 感謝するのね・・・
 なんで? なにに?

党首が無事だったのはよかったけど、私の小指はヌルヌルしてました
 ハ・ナ・ミ・ズ・・・・

明るくなるまで待って

  • 2008/01/28(月) 20:06:50

寒くてヤル気が起きない今日この頃・・・
しかも

花粉まで飛び始め
たらしいし・・・ 
  
いま花粉症じゃあないあなたも、油断禁物
永遠に縁ナシでいられるかどうか、飛散量とともに神のみぞ知るのです



さて
今日は午後いっぱい別に楽しくもなんともないプレゼン、ディスカッションに出席、腰痛とともに帰宅しました

 ウー、サブサブ・・・ イチゴちゃーん、帰ったよ〜

タッタッタッタ・・・ イチゴが走って玄関に出てきました
あたまナデナデしてやろうと手を伸ばしたとき、悲劇は起こった

ズボッ・・・   ヌルッ



さて、何が起こったのでしょう??





 ナニすんの、アンタ!
 済みません党首 暗かったもんで
 ブタ耳一年分くれたらゆるしてあげてもいいわ
 じゃあ許してくれなくていいです
 ・・・ チッ


イチゴに何が起こったか??
あなたの想像力をご投稿ください

チュニジア教室? 「砂漠、そして土漠の美しさ」

  • 2008/01/24(木) 23:40:30

今日は砂漠、そして土漠(どばく、と読む)の美しいスポットを紹介します

これは前出のタメルザ峡谷のタメルザ・パレスホテルからみた朝日
峡谷が一望できるすばらしいロケーションです
朝も夕方も美しかった・・・

太陽って偉大
です



タメルザ・パレスから車で1時間、メトラウイから観光列車が出ています
名前はレザー・ルージュ
「赤いトカゲ」という意味だそうで、なんでも赤いトカゲ(=列車)が地を這うように進む・・・というところから来てるんですって

完全自由席で、早い者勝ち
後から乗ってきたギリシャ人、めちゃうるさい

私はこの↑風景を見て思った
これはスター・ウォーズでC-3POとR2-D2がトコトコ歩いてるイメージだな、って
そういう感じのところです


そそりたつ断崖でいったん停車
ここでフォト・ストップです

まるでよその惑星に来たかのような、異次元空間にいるような自分を感じました
自然は本当に偉大で、人の手が入ってないからスバラシイ


これはミデス
映画、イングリッシュ・ペイシェント で洞窟のシーンがありましたが、それはこの辺りで撮られたというウワサです

感動的なシーン
でも写真に納めきれない・・・ この思い出よ、永遠に感動が続きますように

山岳オアシスの移動には4WDを利用
4,5人ずつ分乗します
これはトヨタのランド・クルーザー

オットは「結構よく出来ている」と車を褒めていましたわ
ガタンガタン揺れて楽しい旅でした


これはシェビカ村、山岳オアシスです
これもきれいな風景でしょう?

視線の先は、地平線までなにもない
人工物ゼロ
車に乗っているときもそうでした・・・・


ふたたびタメルザ
ホテルの向かいの廃村から見た夕日です



チュニジア、サイコー

ソフトバンクのスヌーピー携帯 ブラウン

  • 2008/01/23(水) 23:40:25

や、やっとこの日を迎えることが出来ました! パチパチ

7月から待ち焦がれていたスヌーピー携帯ブラウンが、我が家に(私に)到着!



パネルが7枚もあるのでどれにしようか迷ったけれど、最初はこのたくさんのスヌーピーまとうことにしました
ストラップももちろんスヌーピー



中を開いてもスヌーピー尽くし
これも好きなシールが貼れるんです

ぜんぜん見えないけれど、画面にもスヌーピーのシートを貼ってます♪
(こっちはよそで買ったもの)



背面には、金蒔絵のスヌーピーシールを貼りました♪


ついでに携帯ケースもスヌーピーですの ほほほ
私ってバカかしら・・・?

 何か問題でも??

チュニジア教室? 「世界遺産 遺跡でゴー」

  • 2008/01/23(水) 22:31:37

前フリ・・・
本日は昇給・昇進にかかわる、上司との成果面談の日でしたの

「なんか不満とかある?」とアレコレ聞かれたので、つい
 「私より英語が出来ないくせに私より給料もらってる人」
と言った

即座に「オレのこと?ガハハ」 と笑われたので、「ばれました?」とごまかす

本当は
 私より英語も仕事も出来ないくせに、私より給料もらってる男の社員
(上司のことではなく)
と言いたかった

ニッポンの世の常で、オンナより男は給料が高いらしい
 ヘンなハナシ・・・




それはさておき、今日は遺跡 に参りましょうね〜

最初はドゥッガの世界遺産です
チュニジアで遺跡というと、残念ながらローマのものばかりですけれど
ここはベルベル人、ローマ人の遺跡とか

堂々とした神殿
ジュピター・ジュノー・ミネルヴァ神殿



石碑
説明がない箇所だったので記憶にナシ
でもステキな文字じゃないですか?

今回の旅行を通してどこでもそうだったけれど、ガラガラです
もう独り占め・・・というかグループ占めもいいところ


小高い丘の上にある遺跡なので、下界がきれいに見えました
こういう緑と荒涼とした感じは、スコットランドのハイランド地方に似ています



これはケロアンという、街自体が世界遺産に指定されているところ
グラン・モスク
といいます
この馬蹄アーチがイスラムの特徴ですね、結構好きなんです、このカタチ



また馬蹄アーチ
これを見ると、強烈な印象だったスペインのメスキータを思い出すのです
ここは シディ・サハブ霊廟



山岳オアシスへ向かう途中の道路で
夕日が沈むころに撮った写真ですが、背景がま〜るくオレンジ色に染まっているのが気に入ってます



山岳オアシスに建つホテル、タメルザ・パレス
ホテルのまえは涸れ川、荒涼とした風景が見られます
ツアーのパンフに「タメルザ峡谷が見られるお部屋確約」とあるのだが・・・・
どの部屋からもタメルザ峡谷見える
 んですの、実は


さて明日は(書けたら)、砂漠の美しさをお伝えする予定です♪

チュニジア教室? 「笑えるチュニジア」

  • 2008/01/21(月) 20:37:31

今日は趣向を変えて、 笑えるチュニジア をお送りします
ま、エジプトに比べるとぜんぜん笑えないんですが、まあお許しを

エジプトはかなりインチキ
で、スペイン人が可愛く見える
たとえば
 たてつけは必ず斜めを向いて曲がっている(ドアの蝶番、手すりのネジ等)
 富める者は貧しき者に施すイスラムの「喜捨」(バクシーシ)を盾に取り、すぐたかる
 「スリー・ミニッツ」とか言ってぜんぜん戻ってこない
 警官は観光客をからかうために存在し、おしゃべりで時間をつぶす


 

一方のチュニジア

 警官は普通に働いている(<当たり前?)
 時間の観念はしっかりしている
 たてつけはふつう(<当たり前?) でした

なおチュニジアでは何処へ行っても、子供たち、さらには老若男女問わず、観光バスに手を振って笑顔でニコニコしますの
だから、こちらも笑って手を振ります

子供たちは可愛かった
ですね〜
これはとっても楽しい思い出でした


そして笑えるチュニジアのハナシ
ツアーはその地でスーペリア、デラックスといったところを押さえてくれるのですが、たまに
この程度で我慢してください

という田舎へ連れて行かれることがあります

そういう時は文句など言わず、楽しまないとソンです
さて・・・笑えるチュニジアその1


まず部屋に入って は? と思ったのがコレ

 ま、曲がってるじゃん
思わずパチリ☆

左側には短い支えがあるが、右にはない
とりあえず危ないから左だけつけたのか? 初めから左しかなかったのか?

 ナゾだ・・・



よくご覧ください
ふつう、排水の穴が一番低くなっているはず
じゃ??
タイミングよくコーヒーを淹れたので、残りを水で流したら笑える写真になりました

 生まれて初めての経験です・・・




この写真だけでは笑えません
奥から何番目のタイルにポールが取り付けられているか、数えましょう
何枚目でしたか??

そして次の写真です



ハイ、再度数えましょう
何枚目ですか??


・・・いろいろ笑えるホテルだけど、シャワーのお湯はキリッと熱くて勢いがよくて気持ちいいな〜とバスタオルで髪を拭いていたら

 アリャ?

8枚目のタイル&6枚目のタイル
 ということで完全にズレております


そしてオットがフロに入っている間に、部屋でまた髪を拭いていたら・・・
 呆れ納め


旨く撮れていなくて笑える度低いのですが、天井の換気ダクトが丸見え


このホテルの名誉のために
 お湯はキリッと熱くて気持ちよかった
 レストランは改装されていてオシャレ、料理もまずまず

ということを付け加えておきましょう


他に泊まったホテル
はね


これがアルマーニ一族が別棟をひと夏借り切るという超豪華ホテル普通の部屋です
全室ジュニア・スイート♪


ワインとフルーツも部屋についてます




山岳オアシスに建つホテルのプール
料理は ぬぉーっ というのもありましたが、景色は涙が出るほど美しかったんですよ
この景色はまた後日・・・

ではまたね♪

チュニジア教室? 「出会った、触れた 動物たち」

  • 2008/01/20(日) 15:13:20

さて、第4回の チュニジア教室 行ってみよう!

今回のテーマは、「チュニジアで出会った、触れた 動物・虫」です
(注:虫にはもちろん触れておりません)

あ、思い出した
間接的に虫(蜂)触ったかも・・・・ バスの中でブンブンうるさいので、紙で叩き失神→外に捨てちゃいました

それはさておき動物・虫編
まずは

ラクダにもアルビノ(白子)いるんですね
とってもキレイなラクダちゃんです
これは、トズールという地の動物園にて



ナツメヤシ畑の散策に、みんなで馬車にのりました



これは 砂漠のキツネ だそうです



動物園名物 コーラを飲むラクダ
(注:コーラは薄めてあるそうです・・・)
彼の名は アリババ だって



動物園にはサソリもいる・・・ 動物園のガイドのオヤジが、 Smoking kills と言っていた・・・ あんたも吸ってませんでした?



トカゲちゃん
もちろん、私の肩ではありません
これと対のトカゲがいて、オヤジがこの二匹を抱き合わせ「モニカ・ルインスキー ビル・クリントン」とやっていた・・・
ネタふるいよ
アメリカギャグといえば、ブッシュからかいネタだと思うんだけどなぁ



オヤジ
なかなかふざけていて、動物よりもオヤジのパフォーマンスショーがメインか?と思うくらい

動物園の入り口にラクダと思しき頭骨がいくつか展示してあり、そのうち一つを指して
Japanese

って言ってましたわ・・・



次にオヤジが繰り出してきたのが、「スパゲッティ・ナポリタン」と呼んだコレ うーキモ〜



マトマタで見たワンコ
このワンコは人懐っこいので大人気!
ナデナデしたツアー参加者数人、「おいてきたうちの犬を思い出した」



おしゃれスポット シディ・ブ・サイドで見かけたワンコ
チュニジアじゃあ、ワンコといえばほったらかし、繋いだりしません
それで外で羊の番をさせたりしてるようです
都会に行くと、こうやって繋いで待たせたり、連れて歩きます



ネコも、もちろんいますよ
お店の看板ネコだったり、遺跡のアイドルだったり・・・



ロバちん
ミデス村(イングリッシュ・ペイシェント撮影地)で砂漠のバラを見ていたら、
ヒ(キ)ョエー
  と素っ頓狂な悲鳴でビックリ
なんじゃ?と思ったらロバちんでした

飼い主とはぐれちゃって、飼い主呼んで鳴いてたみたいです
カワイイね
あとで飼い主に抱かれてウットリしてるロバちん見て、みな一安心



道路を横断するヒツヂの群れ
たまーに、横断待ちで車が停止したりしましたっけ
子犬も立派にヒツヂドッグしてて、将来が楽しみな雰囲気


あともうひとつ・・・
チュニジアでは頻繁に見かけるある景色
を納めてみました

じつは結構ショッキングなんだけど、彼らには日常らしい
では、どうぞ・・・






これの意味ですが、肉屋さんの店頭にぶら下げてありまして
フレッシュ! 本日解体したて!」ということだそうです
ラクダ、ヒツヂ、ウシ がいるね

うーん・・・

<号外> やっぱりアナタって・・・

  • 2008/01/20(日) 12:26:24

 チュニジア教室第3回をおえたところで、久しぶりにイチゴねた

 アンタ、アタシのこと忘れてんじゃない??
 そちらこそ、飼い主のこと疎かにしてませんか?
 今に始まった話じゃないわ・・・


そんなイチゴちゃん、昨日 土曜日恒例のおフロ にはいりました

おフロ上がりの一こま


 画像からはわからないけど
 私にもたれて
 ストーブに当たって
 ドライヤーかけてもらって
 います


巷でウワサのぽちメーカーやってみました
何でこんな結果なんだ??

 
欲と舐はまだわかる
立、悲、疲 ってなんだ?


姉のワンコ、ラナもやってみました


 があるよ、スバラシイ!

あと @ ってなんだろね?

チュニジア教室? チュニジアを食べまくる

  • 2008/01/18(金) 23:52:55

 
引き続いて3回目の チュニジア 教室〜♪

今日はググッと現地の食べ物をお届けしましょうね

チュニジア
 では主食はパン
 パンばっかりは苦手・・・

一日に一回ならたぶん大丈夫、でも毎食となるとキツいベリージャパニーズな私
てことで 野菜とオリーブと果物と魚or肉 で暮らしておりました

チュニジア
 のパンはパサパサしてて、バター入ってない感じ
味付けは? 結構うす味で、毎食胡椒と塩フリフリしてました

モロッコ、トルコ、エジプト、イタリア(シチリア)・・・などの食文化の融合体がチュニジア料理
らしく、バラエティに富んでましたっけ



沿岸部:ムール貝とトマトソースのスープ

現地では

トマト、トマト、トマト
・・・ と永遠にトマトが出てきます


砂漠地帯:ブリックス
見た目春巻き、食べても春巻き、だけど中身は野菜(ハーブ)やら肉やら
さっぱりしてます



山岳地帯:オレンジ色の物体はニンジンすりおろしで、よく出てきます
パンに塗ったりして食べます


砂漠地帯:まるで餃子 でもお菓子
中にはナッツやら甘いものが入ってるけれど、これも意外にアッサリしてます、90円



沿岸部:ピーマンとえびと卵のトマトソースがけディッシュ



沿岸部:ギュッと絞ったオレンジジュース
これがうまいんですの
チュニジアはオレンジの香料でも有名なんですって


沿岸部:夏にはアルマーニ一族が借り切るという超高級ホテルのレストランでいただいたモツァレラとトマトのサラダ


同上レストランのお魚



沿岸部:いわしのグリル
骨が多かったけどきれいに取れてとっても美味しかったです


沿岸部:前菜サラダ
実はニンニクがたくさん入っていて結構辛かった

 ハァ〜ッ・・・ 臭う??


沿岸部:現地の方がもっとも食べるラム
おいしく料理されていてやわらかいお肉でした♪


 現地人とは感覚が違うらしく、羊やヤギを見て私たちが「カワイイ〜♪」って言うと「オイシイ、オイシイ」と返す

ワンコがいてまた「オイシイ、オイシイ」というのでさすがにそれはツッコミ入れましたわ


 しまった〜ッ クスクスの写真がないっ

 食べるのに必死で撮り忘れたんでしょ
 セイカイデス・・・


明日に続く!!

HOME |