また行きました −濁流の球磨川とお弁当

  • 2011/06/30(木) 19:47:36

いさぶろう・しんぺい号は、吉松−人吉間を結びます

人吉に着いたら、つぎは九州横断特急に乗るべくホーム移動〜 忘れずにお弁当も買わなくちゃね
もうお昼の時間をとっくに過ぎているけど、食べるところもなし、駅弁にしようと思ってました




人吉駅の駅弁売りのおじさん
前回もこのおじさんから買いました 栗弁当美味しかった♪

九州新幹線開通の記念弁当があったので
 「このお弁当は何が入ってるんですか?」 と聞くと
 「これはねー ○○と××と・・・ ごちそうがいっぱい入ってるんです」 と言われた

ごちそうとは、”それなりのおかず”のことを指しているらしい
母は
 「じゃ、今日の晩御飯にこれと栗弁当、もうひとつ買うわ」
駅弁売りのおじさんが決して推奨しないだろう時間帯を言ってました・・・



九州横断特急
今回は月曜だから空いてます しかも前日の天気がね

席に座って人心地
すぐに検札のお姉さんが回ってきました

 「昨日はこの列車も運休だったんですよ〜」 とのこと
ほんとこの日は動いてよかったわ



 「ふだんの球磨川は、鮎の住む清流でとてもきれいなんですよ〜」
 「アユ・・・ いない感じですね・・・ 」
 「(今日は) いそうにないですねぇ〜」

よーく見ていると、えらく高い位置に草が絡まっていたりして、そこまで水位が上がったことが分かりました
私は 「鮎の住む清流・球磨川」 をよく見たことあるからいいけど、母には残念ね

これでホタルに続き、この旅行で残念なこと2つめ



高崎名物だるま弁当をつい思い出してしまう、この栗弁当の弁当箱
懐かしい感じです

母と2人で栗弁当をわけつつ、列車は熊本をひた走って市内へ・・・


次はシリーズ最終回の 熊本城! へ行きますよ

また行きました −いさぶろう・しんぺい号でスイッチバック!

  • 2011/06/29(水) 22:03:33

吉松駅から宮崎県もとおって、熊本の人吉まで、いさぶろう・しんぺい号が走っています
まえも記事にしたけど・・・ なにせ母がいるもんですから

前日は豪雨で運転見合わせしてましたが、この日はぶじ動きました〜



古い車両をリニューアルして、おしゃれな感じに仕上げてます
このトイレの幕、銭湯みたい・・・



力強い感じでしょ 1日2往復してます
列車の旅はノスタルジックでいいわね〜



いまどき行先は電光表示 このプレートもいまでは鉄ヲタ販売会とかで高値で扱われそうな感じね



吉松駅で買った湧水プリン
車内では観光色たっぷりにアテンダントがお写真とってくれたり、記念のものを売っていたりしていて、停車駅では地元のおばちゃんから地のものが買えたりします

車窓から見える景色の案内も配ってくれるし、車内放送でも案内してくれます
スイッチバック運転だから、運転手さんが車内を行き来して方向変えつつ進みます



矢岳駅にはSLがあるんです
このいさぶろう・しんぺい号の絵、実物と全然色が違うんですけど!!



ここは大畑(おばこ)駅
わたしのだいすきな きじ馬 のジャンボ版が


このくまちゃんの幟ですけど・・・ 九州新幹線は3月12日に全線開通したんですよね 覚えてますか?
そう・・・ あの3月11日の翌日
あまりの大事件に、九州新幹線の話題は聞くことなく3月12日は終えた気がします


次は人吉駅いくよ〜

また行きました −この日は動いた肥薩線!

  • 2011/06/28(火) 22:27:18

たった1泊2日の鹿児島旅行を長々と引っ張るシリーズです
たのしく温泉宿を後にした秋カボチャとその母、のんびりと地元バスで霧島温泉駅へ

 「さぁ 着いた 相変わらずガラガラね」



よく見てね 駅舎のポスターです
(ちなみにこの駅、駅員さんいないです・・・ そして券売機もない)



可愛い〜♪ なんていいところに巣を作ってるんでしょう 笑

この駅はね、トイレだけは新しくて立派なのよね



肥薩線のローカル列車に乗ろうと思ってたけど、ちょうど はやとの風 がきたので乗っちゃいました
母もいたしね



吉松駅まで

吉松から人吉までは、いさぶろう・しんぺい号の指定席をとっていたので、乗車時間までしばし散策
前日あれほど降ったので超心配になったけど、運行はだいじょぶだったー

強運、強運



吉松駅にあるSL 力強い真っ黒さ
ここでプリン買っちゃいました

スローな母と娘の旅
次は熊本県へ向かいます!!

また行きました −霧島国際ホテルにて、硫黄泉を楽しむ

  • 2011/06/27(月) 23:15:16

あの6月12日、奇跡的にぶじやるべきことをやって鹿児島市内を後にした秋カボチャとその母、お宿の霧島国際ホテルにやってきました!

お得意様ご優待 というハガキを送ってくれたので、母を連れて行ったんですけどね
私と同い年という普通の大型ホテルで、霧島はここと、いわさきホテルしか行ったことないですな


ハガキの予約先番号に電話し、 「あのー、なんどかお邪魔したものなんですけど・・・」 と恩着せがましく切り出すと、愛想のよいおじさんに  「それはありがとうございます」 と挨拶される

 「ハガキをいただきまして、またお邪魔しようかなと思って・・・ ところでこの8800円の優待価格と、ゴージャスプラン13800円の違いは何ですか?」
 「あー、それはですね・・・ (違いについてとても詳しく説明) ・・・ ということなんですよ」
 「なるほどー うーん・・・ どうしようかなぁ うーん・・・ (しばし唸って悩む)
 「ほとんどの方はね、8800円のほうになさいますけど、皆さん満足して帰られますよ
 (電話をいいことに声を殺して爆笑  うー、なんて商売気のない、いいおじさんだ!)
「そ、そこまでおっしゃるなら8800円のほうにします! また機会があった時にいいお部屋にとまるということで・・・」
 「はい、かしこまりましたー」




大好きな湯けむり
硫黄がまたいいのよね

たしかに強運だったけど、残念なこと一つ・・・ 期間限定でホタルバスをだしてくれててホテルから見に行けたんだけど、この日は雨脚強く中止
いつか見たい



ここのホテルは父もイチゴも連れて行ったことがあって、母も連れて行ったので、結構みんなと行きました

温泉はひろびろ、しかもこの日は空いていて、母とおしゃべりしながらたっぷり入りました 
オットと行ってもお風呂は別だし、誰かとおしゃべりしてゆっくり・・・ なんてことなかったもんなぁ
いろいろ楽しんで、母はミスト風呂 (低温サウナ) と歩行湯が気に入ったようです お湯がいいので、どれ入っても満足ですけど〜



母には
 「鹿児島名物の豚のしゃぶしゃぶと、きびなごの刺身がでる・・・ と思うよ」 と言っておいたのが当たり

さつま揚げも出たし、朝のバイキングは (何度も行くのでよく知ってるけど) それなりに地元のものを出してくれて楽しい
母と 「都会にはない食材がいっぱいあって、鹿児島は豊かだね」 と感想を述べ合いました♪
母は私よりガッツリ食べてて、見てるこっちが驚いたくらい
(150センチと、体は私よりだいぶ小さいんですがね)


晩御飯の前、ご飯のあと寝る前、朝起きてから、の温泉宿お約束ルールに従って3回お風呂に入り、堪能しました!


次回へ続く!

宮城県、東松島市へいってきました

  • 2011/06/26(日) 23:04:37

昨日、今日と約24時間くらいで、宮城県東松島市へ行ってきました

以前からボランティア活動に行きたいと思っていたので、民間でも有料でバスツアー募集したりしていることは知ってました
だけど仕事がどうしても7月にならないとダメだし、土曜の昼間は英語のスクールが・・・ ということでまだ実現していませんでした

そんなある日、この震災後ボランティア活動をやけに活発化させている勤務先で、
「東松島市へボランティア活動に行きませんか?」
という案内が出てました

 「土曜の夜に出発して早朝から植樹と復興活動 その日のうちに帰京・・・ バッチグー!」
ということで、早速応募しました
(だって会社がバスチャーターしてくれて、往復タダだし 笑)



会社の有志とボランティア事務局(同じく社員)の総勢約30名で、ネオン光る新宿を旅立って、一路、宮城県へ向かいました



フラワーロードの植樹の様子は こちら や こちら を参考にしてね (予定表の26日を参照)
マリーゴールドはきれいに8月に咲くそうですので、ぜひ見に行きたいですね
塩に流された土地ですが、きれいに力強く咲いてくれることを願います


その植樹はあさ6時開始、ということで、近隣を散歩
これは多くの区間で復旧のめどが立っていない仙石線の、陸前小野駅
お写真などは こちら の方が詳しく書いてらっしゃいます
となりの野蒜が大きな被害を受けたんですよね

ガラスにうっすらと水位が残っているのが見て取れます 私の胸くらいの高さがあるかな・・・
ベンチには、泥のついた人形がひっそりと置いてありました 




雑草がいっぱい
一刻も早く地元の方に心穏やかな日々が訪れますように



そして我々の活動ですが・・・ 植樹にあたり、おえらいさん方(4名)のごあいさつで
「趣旨に賛同してわざわざ東京から来てくださったボランティアの方々」
「東京の製○会社さん(業界名)がきてくれました」
と紹介してくださいました

一斉に目立つジャケットを着ているので、地元の方々も声をかけてくれたり、いろいろ喋ってくれたり・・・
でも喋ってても植樹が手早いのはさすがです

「新しい車なににしようかな?」
「うちの母ちゃんの車は修理に工場に預けてるときだったから、(津波からは)無事だった」
などと話しておられる方もいました

植樹のほうはちょっと腰がしんどかったけど、滞りなく終了
そのあとメインじゃないはずの 泥かき!! を実際にやってきました
女性でも十分できますけど、2時間くらいやってたら疲れて最後は力入らず状態

超疲れたけど、東松島のボランティア事務局の方から
「一番統率力のとれていた団体だった」 とお褒めの言葉を頂戴したそうです おほほ〜


スタッフの機転で、そのあとは温泉へ♪
体が冷えてきたので、あったまって幸せでした


 「自分に何ができるんだろう? ほんとうに役に立つのかな」
と思ってる人も多いと思います
ちょっとでもいいのでまず参加して、それからいろいろ考えてほしいなと思います

また行きました −くろいわでラーメン、蒸気屋でお土産ゲット

  • 2011/06/23(木) 21:34:05

今週末、宮城県東松島市にボランティア活動をしにいくことになりました
会社でバスを出してくれ、30人のグループで現地入りします
また帰ってきたら記事にしますね 



さて鹿児島です

あの6月12日
なのに、奇跡的に傘なし観光を仙巌園で楽しんだ母と娘、空腹を抱えて天文館までバス移動

まず 蒸気屋さん (<クリック) に母を連れて行ってお土産をゲットしてもらい、すぐ近くの くろいわ (<クリック) でラーメンのランチ

鹿児島もいろんなラーメン屋さんがあって、みなそれぞれお気に入りのお店があるようですけど、うちはくろいわ贔屓なのよね
母も 「とんこつなのにさっぱり もやしが細くて美味しい」 と満足していたようで、ぺロっと平らげてました・・・


さて鹿児島中央駅へもどってホテルへのバスに乗ろうかね・・・


どびゃー ジャージャー
  降ってきたぁ〜



駅前から空港を経由して、霧島のいわさきホテルまでいくバスがあるんです (1350円)
しかし雨すごいね
ここのバス停は透明な壁もあるから、まだ雨遮ってくれてるけど、でも隙間から降りこんでくる

しかも・・・



どんな酔っ払いでも寝ころぶことは絶対に不可能な、このバス停のベンチ
タイトルは 「長居することを拒否する椅子」 (命名:あたし)


やっとバスが来たので乗り込んだら、我が家貸切
空港へ向かいながら、英語ききつつ、つい寝ちゃいました

途中で運転手さんが、「トイレはよろしいですか?」と聞いてくれる
空港までは高速だから、途中にトイレがあるのかな


そして空港に着くころにはさらに土砂降り (-_-;)
我が家貸切のまま、霧島温泉郷の丸尾バス停に到着して下車
ここはちょっとした売店と、温泉たまごがある・・・ オヤ? 今日はないの?? がっかり 明日出直そう

結果からいいますと、この旅行で傘を使ったのは、熊本駅前バス停から熊本駅(1分)、丸尾バス停から霧島国際ホテル(3分)でした
 「日ごろの行いがいいからね♪」


次回へ続く!

また行きました −島津のお屋敷、仙巌園

  • 2011/06/22(水) 22:26:42

ゆるりと6月は沢山記事書こうと思ったんだけど、人生いろいろ起きます
オットの伯母が他界し、土曜から怒涛のような日々でした・・・

それはさておき
母を連れて鹿児島温泉紀行、2回目は、土砂降り豪雨でのきなみ機能がマヒしていた6月12日、強運を発揮して傘要らずで訪れた磯庭園、仙巌園の巻!


鹿児島といえば、島津家
やり手で抜け目なかったと言われる島津の殿様(斉彬)が作った近代文明らしいものも同園内にあります

鹿児島中央駅からバスで15分ちょいです



トイレ入ったら、洗面台がこうなっていたけど
”修理中” ってなんもしてないじゃないですか・・・?
故障 もしくは 使用不可 でどうでしょう



初鹿児島らしき母には申し訳ないけど、まあまあ桜島見えるじゃない?
土砂降りじゃないんだから、運の良さに感謝すべきレベルねっ



苔むしていて美しい
日本人で良かったと自覚を新たにする瞬間 
天災が多くても、私は日本がいいです

御殿もあって、時間はあまりなかったけど、せっかく母と来たので入りました
なかなか見ごたえがあって、入ってよかったね、と感想を述べ合う母と娘

お庭の借景も素敵でした〜♪
20分ごとに御殿説明ツアー出るんですけど、ちょっと冗談なんかも織り交ぜて、着物姿のおばさまが丁寧に説明してくれます

終わったら抹茶とお菓子も出るんですよ



なんせ豪雨の日なので、園内もガラッガラです 運がいいというかなんというか



観光をたっぷり楽しんだら、まだ雨も降ってこないんだけど、急いで市内へ戻ります!
だってお昼まだだもん!!

次回へ続く

また行きました −母と豪雨と九州新幹線

  • 2011/06/16(木) 22:14:29

勉強が忙しいのと、話せば長い物語なのと・・・ 今回の記事はゆるりと書いていきます

え? 何の話かって?
九州ですよ、九州〜 



ただいまANAでは、マイル減額キャンペーンというのをやってます
最大4000マイル減額で無料航空券がゲットできちゃう

ある日ハタと  「あ 20000マイルたまってる」 ことに気付き、しかも行きつけの霧島のホテルからお得意さんご優待ハガキもきてたっけ
 「お母さん、温泉いくか!」
 「行こう、行こう!」 (←あたし持ちですから)

よーく読むと6月いっぱいに飛行機乗らないといけないらしい
しかも20000マイル・・・ 鹿児島行きたいのに、伊丹も羽田も1万1千マイル必要  「た 足りない」
ので仕方なく熊本空港往復利用にしました (思えばここから気苦労が始まった)


前日から怪しい雲行き
 「ナヌ? 大雨ですと」

羽田に着くと  「視界不良につき、福岡または宮崎に着陸することもございます・・・?  困ります!!」



ぶじ離陸して宿題しながらボンヤリしてたら、いきなり機内アナウンス
Good morning, ladies and gentlemen. This is your captain speaking....

 「日本人機長のヘタクソなムリヤリ英語じゃなくてネイティブだ!」
スカイネットアジアとANAの共同運航便で、機材とスタッフはスカイネットアジアだから、まあガイジンてのも分からなくもないけど

いちおう英語勉強してるので熊本に着陸してくれることは分かったけど、そのアナウンスのあと変な静寂
まさか英語オンリーじゃないよね? と思ったら暫くして日本語アナウンスもありました


着陸 ダッシュして出口で母と合流すると 
 「九州新幹線止まってるって」
 「ぬおー! 新幹線はこの旅行の目玉の一つですよ! ・・・ま、いいか とりあえず熊本駅行こう」
と空港リムジンバス乗りました

豪雨がビチャビチャすごくて、市内へ近づくと 用水路は濁流、道路は冠水、マンホールから雨水が噴出

 「iPhoneで運行状況チェック・・・ む 九州新幹線運転見合わせ・・・ 鹿児島まで高速バスもあるけど3時間以上かかるねえ」

あきらめず熊本駅で表示を見ると、運転見合わせは玉名〜熊本間 つまり行きたいのと逆方向であることが判明 さっさとみどりの窓口に並んで新幹線チケットを買いましょう

その瞬間 「大雨の影響により ただ今をもちまして 熊本駅発のすべての在来線の運行を見合わせます」 とのアナウンス!
新幹線で良かった〜

 「指定席お願いします え? 次にどれが来るかわからない? そうですか じゃ、来たのに乗ります」

安堵感をもってホームへ
50分くらい遅れてきたという、待たずに来た ”さくら” に乗りました
とりあえず鹿児島いかないと意味ないもん



新幹線高かったけど快適 たしか6000円ちょいとられたけど、初・九州新幹線にもぶじ乗れたし良かったです

出水を過ぎたあたりで曇に変わってきました
 「あめ上がってきたね」
 「今はね・・ 天気予報によると鹿児島は午後から雨 ところによって雷を伴って強く降る、って書いてあるよ」


強運を発揮して予定通り鹿児島へむかう秋カボチャとその母
ここまでで十分長かったけど、次回へ続く!

蓼科に遊びに行きました 3 諏訪にもちょっと

  • 2011/06/15(水) 22:25:24

二日目の長野県〜 エラい晴れでした 
これは嬉しいね♪

ということで宿をでて、まず池の平ホテル系列の、藤城清治影絵美術館に行きました (写真はないけど)
規模の大きな影絵がいっぱい・・・ とってもきれいでした



次は諏訪へ
ここでは関係ないけど、諏訪には英語学校の友人が住んでるのよね 

さて諏訪大社へ行きましょう



月曜だからかちょっと閑散とした、でも静かな諏訪大社
町並みも静か でも歴史のあるしっとりとした日本らしい土地です



神社で必ずある コレ ですが、ここのはお湯
しかも あたたかい ではなく 熱かったです ふぅービックリ



お尻ふりふり、ご機嫌にお散歩中のイチゴ



あら・・・ 修復工事中

こういうのみると、新婚旅行のベルリン、ブランデンブルク門を思い出す
当時はそこが工事でね・・・ こんな感じで幕がかかげてあったんだけど、絵にはナゼかエッフェル塔が書きこまれてたっけ






車を置いて町を散策します

ネコが絶妙なバランスで、わざわざこんなところで休憩中



あまりの暑さにすぐアイス
アイスのコーンをもらうのに必死なイチゴ先生です



お菓子屋さんのステキな店構え
イチゴがここで 「オヂチャーン!! どこ行ったのー!」 って必死で吠えてたら、店員のお姉さんがイチゴを見に来ました 笑



いいお天気だなぁ


幸せな蓼科旅行、これで終わりでーす
次は 「アンタ、また行ったの?!」 をお届けする予定

藤城清治 自宅スタジオ展 6/12まで開催中!

  • 2011/06/10(金) 20:18:22

蓼科のお話してましたが、ここでいったんお休みして、展覧会の話題

藤城清治 自宅スタジオ展
  に行ってきました
(↑ Click to Open




87歳! のお誕生日を記念して、20年ぶりに自宅スタジオを使って あさって12日まで展覧会開催中 です
(しかも11時から20時まで)



私の場合、
小学校に入るより前、母方の祖母が実家近くの市民会館で開かれていた影絵のステージに連れて行ってくれた記憶があります
よくそんなこと覚えてるなあ と自分でも思う

たしか家にはがきセットがあって、その絵が脳裡に焼き付いてるんだろうなぁ

それからはずっと忘れてたんだけど、今の家に越してきた頃に、また出会いがあって、それから絵を見に行ったり毎年カレンダーを掛けています




ネコちゃんも玄関近くでお出迎え


働いて給料もらうようになり、数年前に初めて絵を買いました
後日、絵を買った人のためのサイン会があったんだけど、大雪で行かなかったんだよね・・・ 絵の裏に直筆サインが入って宅配便で届きました

いまでも行けばよかったなと思ってます
だって本人に直接会えることって少ないでしょ




私はたまたま30ウン年前から彼の作品を知っていたわけですが、会場は老若男女でごった返してました
ちょっとビックリ 

でもデパートなんかで絵を売ってるときも、結構(私より)若い人が買ってたりして 広い層に人気あるようです







このクリスマスの大聖堂 とてもステンドグラスがきれい
以前これの絵を売っていて、欲しかったけど すっごく高くて断念

きれいだなぁ





これは秋田の竿灯祭り

3年くらいまえ銀座の展覧会に行き 初めてこの影絵を見て
「竿灯祭りに行きたい!」
と思いました

去年は激務であきらめたので、今年は行きたい



爆笑問題の太田は、昔からの藤城影絵のファンだそう
太田の書いた話を影絵にして、最新作の本が出版されました

↑これがその 絵本・マボロシの鳥 の原画

渾身の力作だそうで、懐かしいような、新しいような そんな原画がたくさん展示されてましたね



サルーキちゃん
3匹もいるんですよ! 可愛い♪



これは比較的新しい2000年代の作品

原爆の熱で曲がってしまった窓枠を見て強い感銘を受け、必死にスケッチした・・・ という影絵があったんですが、写真がボケてしまった
(残念)



サルーキちゃん その2
この奥のエリアにも白い子がいました

ワンコなのに、ひろいお部屋ねぇ



人形劇をやっていた時代に使っていたモデルの人形かな
可愛いです



たしかにホームページには 玄関でフクロウがお出迎え と書いてはあったけど、本当にいた!



こちらは ワライカワセミ
つないでなくて籠にもはいっておらず、じーっと大人しく立っている様子



コピーどおり 幸せをよぶ夢いっぱいの展覧会 でした

HOME |