ビーグルがハゲになりまして

  • 2011/08/29(月) 19:48:32

ことしはイチゴちゃん、よく毛が抜けるんです
もうアンダーコートなんか抜ける、抜ける

そしてついに・・・ 首輪のところが一部 「ほぼハゲ」 に近くなりました (グス)



昨日は父を夕食に招き、イチゴちゃんがハゲになっちゃってさぁ、と愚痴ると
 「こいつももう トシ だからねー」
と事実をいい (そういう自分も薄いくせに)

 「ほら、あれ 植えるヤツ あれにしたら?」 と愛情あふれるお言葉
 「モシモシー 1名お願いしたいんですけどー え? ビーグルはダメ? なんで?」



しばらく首輪はしないでやりたい・・・ けど名無しのごんべはまさかのとき不安 どうしようかしら 柔らかい素材のに変えようかな

 「涼しいよ」

桃の美味しい季節 ♪

  • 2011/08/27(土) 23:25:38

ピーンポーン

 「お荷物でーす」
 「あ! お待ちくださーい」 (桃ね!)

 「ワォーン あたしんちに何しに来たー」

ビーグル・絆ママ、紬&蓬シスターと暮らすこぶたさん
 から桃いただいちゃいました!



フロム福島
送ってくださるというので、もちろん遠慮なくいただきましたとも フフフ

核種放射性元素測定結果報告書

なるレポートのコピーが添付されていました
(送付の果物個体ではなく、これに先立ち同農園で採取された別の個体を測定したもの)

国の暫定基準値は500(Bq/kg)だそうで、ヨウ素は検出せず、セシウム134、137が 15〜37(同上)ほど

川中島なる立派な名称の品種で、果肉は白く個体はとても大きいです
さっそく先ほどひとつ賞味
まだ固めだけど、甘みがありますね もうすこし置いてみようかな?

なにはともあれ、ありがとうございました〜




宅急便の伝票にはこんな紙が
ちょっと知事さん、笑いすぎじゃないのと思うほどですが、微力ながら引き続き応援させてもらう予定です



ところで肝心の、こぶたさんちの紬嬢
ことしはショー、絶好調で、秋カボチャ予想では 今年チャンピオン完成 という勢いです
こちらも引き続き応援させてもらいますので、頑張ってね♪

ああ、温泉行きたい・・・

  • 2011/08/26(金) 21:55:53

今日はすごい雨でしたね
なんでも我らが大田区では観測記録史上最大の降雨量だったとか


3時に会議を終わって、節電で電気のあまり点いてない廊下に出たらマックラ!
びっくらこいてしまいました



ところで
30代以上の方 (つまり秋カボチャ含む) は小学生のころに フエキのり を使っていませんでしたか?
(CLICK TO OPEN)

少子高齢化で糊の需要がおちる、と思ったこの会社、糊技術を生かしてコスメティック分野にも販路を広げることにしたんだそうです
で、せっかくだから、かわいい自社の容器を使おうと思ったんだそうです

最初に見つけたのがゴールデンウィークの旅行
ホテルの売店で可愛いのを見つけたけど買わなかったのよね

そのあと、6月の霧島国際ホテル宿泊時にゲット
地元・大阪にあるハンズには、シャンプーやらクリームが売られてるとか
いいなあ 新宿にはリップクリームしかないもん


 「クリームの容器があたまに手ぬぐい載せてる・・・ あたしも温泉いきたいよう」

そうだ、クリーム塗ろう

  • 2011/08/24(水) 19:46:04

昨日の晩はちょっと暑かったけど、エアコンなしでも寝られましたね

我が家のアイドル・イチゴちゃんは、床で寝たり、窓際で寝たり、暑くなかったらベッドにヒョイッと上がってきて、秋カボチャのスペースを奪ったりして寝ます


昨日の寝入りばなは、ベッド台の部分に体をくっつけて (たぶん、木材で涼しいから) 寝てました

そして夜中・・・・

ソロリ、ソロリ、 とカーペットの上を歩く足音で目が覚めた秋カボチャ
次の瞬間
ゴシゴシ!!
 と ザラザラの肉球で足を擦られた!  痛い!!
痛くて足をどかしたところで、ヒョイッ、とベッドにジャンプしてきました


 「フン  ビーグル語に翻訳すると どけ! よ」

 「ポ、PAWクリーム塗ってやる!」





このステキなオレンジの入れ物は、セブンイレブンで買ってきたシャーベット
みかんテイストのシャーベット3個入りで、たったの198円なんだもん

見た目も可愛いでしょ
味もさっぱりで会社のおやつにぴったりですが、唯一の難点は、この入れものチベたくて長時間持てない ・・・ ということです
今日はハンドタオルでくるんで持って食べました

8月だけど涼しいから

  • 2011/08/21(日) 22:08:41

涼しいですね!

ふつうならうだるような暑さに滝の汗、拭いても拭いても汗が浮かんできますが、寒いくらい涼しくて、エアコンなしの快適なつかの間



イチゴちゃんもぐっすりです
ずっと暑かったから、散歩をいやがってノロノロ歩いてたけど、ここんとこご機嫌でお尻フリフリあるいてます



そしていつも

 「夏のオヂチャン、あついからキライ じゃね、バイバイ」
とサッサと去っていくのに、いまはこんなに仲良し



腹クッションが適度に効いていて、あたたかくていいみたいです
今日も二人と一匹のベッドスペース争奪戦が予定されています

 「負けそう・・・」

真夏のミステリー

  • 2011/08/18(木) 19:31:20

うちの2階のトイレから水がもれまして

まあ理由ももれ程度も大したことないんだけど、素人考えで苦労するのも嫌なので、思い切ってお金で解決することにしました

なーんて もったいつけてみたけど、要するに保守・点検のTOTOさんにきてもらったってこと

修理の立会いに、今日は午後半して、クソあちい中、帰宅・・・
 「足がー!」
というくらい日が足に当たって痛かったです




そして2階のマイルームのドアを開けると、こんなモノが落ちてました



天井を写しているわけでも、巨大な押しボタンでもなく、これは照明の傘
クルンと半回転して着地したんですね
なかなか上手

 「いや 感心してる場合じゃなくて、なんで落ちたんだ? 蛍光灯なら2週間くらい前に替えたけど、今頃なんで?」



なんでだろうね

それはさておきトイレですが、私が個人的に怪しいと思っていたスポンジ部分を替えてもらって、お金払って、無事おわりました

去年の冷蔵庫、今年の洗濯機につづき、トイレのスポンジまでガタがくるころなのねぇ
もう家買って7年だもんなぁ

 「ひょっとして、あたしにもガタきてる?」

ふたたび東北へ! 山寺で旅はおしまい

  • 2011/08/17(水) 21:31:04

バスにて東北のお祭りをめぐるこのツアー、最後のスポット、山寺 (立石寺) にやってきました

ここでも1時間の散策時間があるっていうんだけど・・・

 「団体割引がございますが、入場ご希望の方〜?」
 「ハーイッ! ・・・ あれ?」

振り返っても誰もいません
行かないの? ここまで来たのに入りもしないの?

気力のない方々は、座って待つそうです
でも関係ないね、うちは登るからね



バスを降りると、地元のおばちゃんが 「絶対欲しくなるから、ここで飲み物手に入れてってねー」 と凍ったお茶を売っている

我が家2名、さっさかと登り始めました
なかはこうやって木が生い茂っているので、日光で焼けることはなく、それなりに楽しくキツい階段登りを楽しみます

坂もあるんだよね




年を召した人たちも、杖をつきつき登ってました
時間かければ行けるかな
要はやる気ね、ほっほっほ



とても大きな岩がごろごろありまして、ここは 弥陀堂
きれいです

そして壮観です



ひーひー、フーフー言いながら必死で登ります

だって降りて歩く人がツアー客の中でも少ないから、自由時間50分に短縮されちゃったんだもん
頑張って登って降りないといけないでしょ

オットが行きたいところがあるというので、そこまで頑張って登ります



はいっ
ついに来ました!!



疲れも暑さもふっとぶ美しさ!
お天気も景色も素敵 吹く風も心地よくて最高です



ここ ほんとステキ
できることならゆっくりと風に当たって景色を堪能したいところですが、50分しかないので、また急いで降りないと
(休憩もちょっとしたい)


そしてなんとか下界までおりると、出口付近にお水が出ていて、オットはそこで顔を洗いました・・・
なんかご利益あるかしら?




最後は桃
この朝にニュースを見ていたら、放射線検査はパスしてるのに、福島というだけで敬遠されて売れないんだそうです

あたしは買いますよ
だって問題ないんでしょ?



ほんと楽しかった2大まつり♪
次回は飛行機でびゅっと秋田へ行って、近くの温泉に泊まろうね、ということになりました

ふたたび東北へ! 銀山温泉の散策

  • 2011/08/16(火) 22:25:26

感動の秋田・竿燈まつりを見終わった翌日は、東京へ帰る日
宿を出てまず銀山温泉の散策へ向かいます

銀山温泉と言えば・・・ 申し訳ないけど、真ん中に川が流れてて、目の青いおかみがいる宿がある、くらいしか知識ない私



こんな感じ
確かに真ん中に川は流れています
この先は道路がなくて、どんづまりのところにある温泉地
昔は名前通り、銀がとれて栄えたという土地です

あづいんだな、この日は・・・



銀の採掘を行った穴があちこちに
これがまた超すずし〜い風が吹くんですよ! 「夏知らず」という名前の付いたところもあるほど、冷たい風が気持ちいい

・・・・と 真剣にありがたく思うほど、暑いこの日


なんかぼんやり白く写ってますけど、心配ご無用ね
「あれ」じゃないです
蒸気がみえるほど湿度が高いのですよ



自由時間が1時間ほど
散策する人もいるし、動かずにぶらぶらと店を覗く人も

うちはもちろん歩きます オットも汗だく
ずっとバス乗っててあまり歩いてないもんね

ツアーは殆ど中高年以上の人、うちは年齢層が下のほう
そういった意味でも、うちは歩きまくったかな



坑道いりぐち

そんな大規模な銀山じゃないから、譲り合わないと出入りができないくらいです



見苦しい足でごめんなさい おほほ
あまりにクソあちいので、滑らない場所を選んで、靴を脱いで足を浸したら、とっても冷たい!!

暫くしなくても足が痛くなる冷たさ
最高です♪



この近くにすいかの産地、尾花沢があって、売店でカットスイカを売ってました
帰りに食べようと思ったら、客が群がっていて時間もなく断念
代わりに食べたかき氷が美味しかったなぁ

日本っていいなあ

ということで、最終回は山寺へいきましょう

ふたたび東北へ! ゆらゆら・・秋田の竿燈まつり

  • 2011/08/11(木) 20:01:18

二日目の夜は、ツアーの究極の目的、秋田の竿灯祭りです

なんどか書きましたが、竿燈祭りをモチーフにした藤城清治氏の影絵をみて、なんてすごいんだろう、これは実物を見てみたい と思った秋カボチャとそのオット

やっとチャンスが巡ってきました
しかもお天気も良くなってきたし♪


昼間は技能大会もあるんですって 夜はろうそくに火をともして、とても長い竿に提灯をいっぱいつけて演技開始!



まずは一斉に会場に入場してきます
もちろん企業がスポンサーなんだけど、演技は基本的に地元の町内会が技を伝承していまに至る・・・ きっといっぱい練習しているんだろうと思います



大人の竿燈だと、50キロ以上
これを、手のひら、おでこ、腰、などにバランス良く載せていきます

上手な人だと殆ど竿灯が揺れないので、ろうそくも消えず、さらにうまいひとになると、日の丸の扇子を演技中に広げたりします
小さな和傘を広げた人もいて、拍手大喝采 みんな大喜び

あとつぎつぎ竿を足して長くしていく上級者もあり
とても現実世界とは思えない長さでビックリです

静かな演技のイメージがあったけど、ねぶたと同じくお囃子隊がかならずくっついているので賑やか、華やかに進行



ひとり何十秒くらいかな・・・ 後ろに次の演技者がついて、竿を譲り受け、演技は続きます

ビックリしたのが、小さな子供も演技をしてること!
子供はもっと小さくて短くて軽いけど、でもほんとに小さな子たちが一生懸命やっている姿、とても微笑ましかったです



揺れたり倒れかけたりして消えたろうそくは、移動時にチャッカマンで点火 笑

同じ団体がずっと前にいるんじゃなくて、移動があります



終わったら、ふれあいタイムがあって、一緒にお写真撮ったり、竿燈に触ったりできます

面白かった竿燈祭り
また見たい、と思いました

ふたたび東北へ! 十和田・奥入瀬・秋田市

  • 2011/08/09(火) 20:49:21

面白かったねぶたを見終わった後は、安比高原の温泉宿へ移動 (すごい距離) だから着いたのが12時頃

夜食を用意してくれてたんだけど、とても食べてるお腹なし
ダッシュでオットと風呂へ移動
他のオバチャンたちに占領される前に、ちゃんと頭洗って、お湯を楽しんで、髪を乾かしました

あー
温泉ステキ

翌朝、朝食のお米が美味しかったこと! 水も美味しい
この白米の美味しさは、水の良さが手伝ってると確信しました
東京じゃお金積んでもこの味は無理だと思う
だって水がないもんね


そして翌日はまず、十和田湖そばの奥入瀬渓流の散策です
もうウン十年ぶり・・・



涼しげな奥入瀬渓流
苔の緑に癒されます

むこうのほうに写ってる暖色系の物体はオット
汗ふきふき渓流歩道を歩いているところ



ほんとステキねぇ〜 (うっとり)



こういうところでのんびりできたら幸せだけど、パックツアーですから、そんなわがまま許されません

滝が涼やか



銚子大滝
ダバダバー っと流れてて、水しぶきが飛びまくってました
ミスト風呂みたいに・・・



買って復興支援、というりんごジュースを買いました
ちょっと酸っぱいのと甘いの、と窓口のおばちゃんに言われたけど、そう違わなかったな
これ100円です



十和田湖
十和田湖は何回か来てるけど、フェリーは初めて

日向は暑く、日蔭は風さえ吹けば涼しいという気候でした
青森だからって涼しくないわね・・・・ (思い込みでしたね)



そして あっという間に秋田に着きました

竿燈祭りの開始時刻まで自由時間ということで、地元のお土産を買い、ハスの花を見、そしてラーメンを食しました

感動、驚嘆の竿燈祭り開始まで、もうすぐです!

HOME |